リボ払いを使うと貧乏になる理由

いつもありがとうございます✨✨

えっと…私の身の回りに『リボ払い』を安易に利用している人がとても多いのです!
なので、リボ払いの危険性について伝える動画をメアリーとの対話形式で作ろうと思ったのですが、素の私として上手くお喋りできなかったので中断しました!(笑)

で、この文はYouTubeのコミュニティに投稿させていただいたのですが、せっかくなのでブログにも同じ文を残しておきます。

「リボ払い今使ってるよー」
「リボ払い? 聞いたことあるけどよくわからない」
という方に読んでいただけたら嬉しいです^^


リボ払いというのは、クレジットカードで買い物をしたお金を、毎月定額ずつ支払っていけばいいという一見便利な仕組みです。

例えば、10万円の買い物をしても、毎月10000円を10ヶ月かけて払えばいいよーという感じです。 が…!!
リボ払いは年利15%というバカ高い手数料が乗っかってきます。
10万円の買い物をしたら年間15000円を手数料として支払うわけです!
年間15000円なので、1ヶ月に割ると月1250円です。
手数料月1250円…
高くないですか…? 値上がりしたと嘆いているタマゴパックがいくつ買えますか…

10万円を返済し終える前に他の買い物をリボ払いでしてしまったら、その額が年利15%の対象に加算されてきます。

100万円だったら年間15万円が手数料です(笑)
200万円だったら手数料30万円… もはや笑えないですね

しかも!もし100万円のリボ払いをしていて、一年後も返しきれないと、手数料である15万円が乗っかって115万円になりますよね?
そうすると今度は、その115万円に15%の手数料がかかってくるんですね!(こういうのを「複利」といいます)
このやばさ、わかりますか…?

計算もせずにリボ払いを続けていると、手数料の額が雪だるま式に増え続け、気付いたら手数料分しか返済できなくなっている というとんでもないことになってしまうリスクがあります。

リボ払いは、「リボリボぉ〜♪」などとCMをしていて、一見可愛らしいネーミングで、誰でも簡単に利用できてしまうので気をつけてください。

私も若い頃作ったクレジットカードが初めからリボ払い設定になっており、知らない間に手数料で15000円も払っていて鳥肌が立ちました。(貯金はあったのにリボ払いしてました…)

お金がある人はリボ払いを利用するメリットはゼロですし、お金がない人も余計お金がなくなるので利用するメリットなしです!
お金がないなら貯まるまで待ってから欲しいものは買うべきなんですね…。

『リボ払いは借金』です。
カーローン、住宅ローン、奨学金なども借金ですが、リボ払いは手数料がそれらに比べて高すぎます。
人生を壊すリスクすらあります。
今リボ払いを利用している人は、とにかく最速で返済を済ますことをオススメします。

でもこういうお金の話は、学校も親も、教えてくれることは少ないのが現状です。
なのでせめて、これを読んでくださったみなさんは、家族や友人にこのような事を伝えて言ってほしいと思っています。

みなさんも、リボ払いを利用する際は返済計画をしっかり立ててからにしましょう!

長々と駄文失礼いたしました。
もっと詳しく知りたい方は、『リボ払い 危険性』などで検索していただけたら良いかと思われます。リボ払いで地獄を見た方のエピソードがたくさん読めます^^;
この文で1人でもリボ払いとの向き合い方を考えていただけたら本望です。

※ただし、リボ払いの金利はカード会社や契約内容によりますので、ご自身が利用しているカードの金利を確認することが大切です。また、金利は全額が1年間借り入れられるとは限らず、日割り計算で行われることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です